« 熱性痙攣(>_<) | トップページ | 10月28日はバザーです。 »

1才児の入院生活

200709110738000_2  前回、速報でお伝えした康佑の入院ですが、
今日ようやく退院することができましたヽ(´▽`)ノワーイ♪

熱性痙攣は4月に次女がやっているので
今回はわりと落ち着いて対処することができました。

次女のときは本当に慌てました(((゜Д゜;))))))
あの子ときたら白目はむいてるし奇声はだしてるし、
何かに取り憑かれたかのように痙攣していて
真夜中だったこともあって怖くなってしまいました。

乳幼児の熱性痙攣は、熱が急激にあがったときに起こるそうです。
痙攣は通常2~3分くらいで収まりますが、下手に手をだしてはいけません。
白目をむいたり、泡をふいたりすると慌てますが、収まるまで待ちます。
歯軋りがひどくて舌を噛んでしまうのではないかと心配して
口の中に入れた親御さんの手がひどいことになった、という話も聞きました。

痙攣は脳にものすごく負担がかかるため、子どもは大抵意識をなくします。
気絶ではなく、寝てるんだそうです。
そして、痙攣が収まったらすぐに病院に連れていくこと。
時間外なら救急外来へ。これが正しい対処法だそうです。
慌ててるときには、なかなか冷静にはなりにくいものですが・・。

乳幼児が痙攣をおこすとパニックになって
救急車を呼んでしまう親御さんが多いことも聞きました。

落ち着いて対処して連れてったわたしに看護士さんは
「もうベテランママさんだもんね」
なんて声をかけてくれたけど、それって褒められてますか?
・・・もういいおばさんになったってことかなぁ、なんてひねた解釈もしてみます。

3泊4日の入院生活は「大変」の一言でした。

慣れない病室としんどい体のため、康佑はいつも以上にママっ子になって
ずーっと抱っこし通し・・・トイレにすら行くことがままならない状態でした。
用事を済ませに家に帰るのも、康佑が寝たのを見計らって
夫にかわってもらいました。夫の子守ですらダメなんてもう重症です(;´д`)ゞ

そしていたずらをしたい盛りなので、点滴の管も引っ張ったり噛んだり・・。
歩きたいのに点滴してるので動けないことに怒ったり、
指しゃぶりの左手に点滴されてるので、しゃぶらないように手袋もされました。

1月に康佑が入院したときはまだ月齢3ヶ月でした。
不満も言わず、誰に対してもにこにこしてて、今思い返すとどんだけ楽だったか。

次女が4月に熱性痙攣で入院したときは3才と4ヶ月。
「待っててね。」って言えば待ってられるし、そんなに困ったこともなかったです。

・・・それが今回。
抱っこ抱っこで言うことは聞かないし、要求が通らないたびに暴れるし・・。
1才になったばかりなので仕方のないことですが、それにしてもつらかったです。

康佑はこの1年で3回も入院しました(;´Д⊂)
男の子の方が病気しがちだって話をよく聞くけど本当なのかなぁ・・。
とりあえず、これからは健康で元気に過ごしてくれることを祈ります!!(切実に)

ブログランキングへ  お見舞い代わりにクリックをどうぞ!!

|

« 熱性痙攣(>_<) | トップページ | 10月28日はバザーです。 »

お姉ちゃんたちの話」カテゴリの記事

かわいい康佑」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

度々訪問してますがいつも面白いブログっすね!


毎回参考になります!!

よかったら僕のブログにも遊びに来
て下さいね。

応援ポチっと
http://ameblo.jp/kisekinosarariman

投稿: 月収300万円男 | 2007年9月17日 (月) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208048/7902103

この記事へのトラックバック一覧です: 1才児の入院生活:

« 熱性痙攣(>_<) | トップページ | 10月28日はバザーです。 »