« 早く寝てよ(>_<) | トップページ | 夜泣きのうんちく »

伯父が亡くなった話

Yukiyo_2

年末に伯父が亡くなりました。
父の兄なのでまだ70才と若く現役で働いていました。

それはあまりにも突然だったのではじめは何がおきたのかよくわかりませんでした。
今の今ですら伯父の働いていたホテルに行けば伯父がでてくるような気がしています。
こんなに実感が湧かないほど本当に突然の出来事でした。

伯父は多くの方から信頼され慕われていた、と聞きました。

職場での伯父の活躍はわたしにはわからないけれど、
わたしの母や弟は父が亡くなってからというもの本当の父のように頼りにしていたし、
伯父も受け止めるだけの度量を持ち合わせたひとでした。
わたしの結婚や弟の就職、祖父のお葬式などすべて伯父が相談にのってくれていました。
親戚が集まれば伯父はいつも中心にいました。

お葬式にも多くの方が訪れ、みんながみんな本当に悲しんでいました。
これだけ慕われるってやっぱり伯父はすごかったんだなぁ、なんて思いました。。

お葬式の日に弟がふいにわたしに言いました。
「はるはるはあんまり伯父さんのことすきじゃなかったもんな」

・・・・∑(゜ロ゜ノ)ノ 
そんなこと・・・なかったけど・・・なかったけどね・・・。
わたしは伯父がすきでした。これは本当です。
ただ、弟が言うように伯父を苦手にしていたところは少なからずありました。

伯父は「正しい人」だったから。

わたしの中で伯父はいつも正しくて、曲がったことが許せなくて。
まっすぐな伯父といるとなんだかいたたまれなくて、
曲がりっぱなしのわたしは居心地が悪かったんだろう、と冷静な今なら思えます。
これから日々成長しわたしが伯父のようにまっすぐになれたときに、
もう1度ゆっくり話してみたかったなぁ、なんて考えたりもします。。

いずれにせよもう伯父はいません。わたしを叱ってくれることもありません。

わたしなりに伯父の死を受け止めて消化し
これからの毎日を過ごしていきたいと思います。

伯父さん、今までありがとう。安らかにお眠りください。お父さんによろしくね。

瀧澤幸世記念館 伯父の息子である従兄がつくったページです。
よかったら覗いて伯父を見てください。

ブログランキングへ クリックしていただけるとうれしいです。゚+.(・∀・)゚+.

|

« 早く寝てよ(>_<) | トップページ | 夜泣きのうんちく »

大事なひと達のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208048/9765400

この記事へのトラックバック一覧です: 伯父が亡くなった話:

« 早く寝てよ(>_<) | トップページ | 夜泣きのうんちく »