ケータイ短歌

採用報告

採用報告

2月16日放送分のNHKラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」、1首朗読採用でした。

採用短歌は下記です。

テーマ「くらべる」

 隣より見劣りするとこばかりでも あったかいからこの家がすき

 

わたしは今の家に多少コンプレックスを持ってます。
それは・・・義父母同居なのでリビングに統一感が全然ないことです・・・。

例えば、くすんだピンクのソファーカバーをかけてみても、
その横で義母がコタツにはきれいな群青色の掛けカバーをかけていたり・・・。

わたしと義母の趣味が混同した部屋なので仕方がないのですが
若い人だけで住んでいる隣のおうちは
「今どきのリビング」ってかんじで統一されていていつも羨ましいのです。

そんな風にモヤモヤしてるのに、次女はこのおうちがすきだといつも言います。
きっと次女はこんな風に思ってるのかなぁ、と考えながら作ってみました。

わたしも、かわいい子ども達のいるこの家がだいすきだって思いながら作りました。

ブログランキングへ  子どもの言動には考えさせられることが多々あります。

| | コメント (0)

物語の一行目

採用報告

2月2日放送分のNHKラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」、1首放送外採用でした。

採用短歌は下記です


企画〈物語の一行目〉

●夕食のゴボウささがくその途中 メールが届いた 元カレだった

(東直子さん選・放送外採用)

物語の一行目になるような短歌を考えましょう、という企画です。

今回は3首投稿しましたが、自分でもまぁこれがいちばんいいかな、という感想です。
時間があったらもっと頑張っていきたいと思ってはいるんですが。

ブログランキングへ  「おはぎ」さんの歌が最近はとてもすきです。

| | コメント (0)

歌会始 のお題

宮内庁は来年の歌会始の題を「生」とする募集要項を16日付で発表した。応募は未発表のものに限り、1人1首。書式は半紙を横長に使い、右半分にお題と短歌、左半分に郵便番号・住所・電話番号・氏名(本名、ふりがなつき)・生年月日・職業を毛筆で縦書きする。病気などで自筆できない場合は別紙に代筆の理由と代筆者の住所・氏名を書き添えるか、パソコンなどで印字し、別紙に理由を書き添える。目が不自由な人は点字も可。海外からの応募は、用紙は自由で毛筆でなくてもかまわない。締め切りは9月30日(当日消印有効)。あて先は「〒100・8111 宮内庁」とし、封筒に「詠進歌」と書き添える。宮内庁ホームページでも要項を掲載している。

・・・てなわけで、今年はこれに挑戦しようと思ってます。

今週は久々にケータイ短歌にも何首か投稿済みです。
余裕のあるときにしかできないけど、続けていきたいと思ってます。

このお正月、娘たちに短歌に親しんでもらおうと百人一首を出したところ、
すっかり坊主めくりに夢中でした。ちょっと複雑な気分・・・(´・3・`)

ブログランキングへ それでも長女は2首覚えました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

採用報告②

お久しぶりの投稿が土曜の夜はケータイ短歌で採用されました。

10月6日のケータイ短歌から テーマ:駅名短歌
~東直子さんがその他に選んだ短歌(番組で紹介できなかった分)~

夕焼けと淡路駅での雑踏と 震える声と君の手のひら
長野県 はるはる 32

この歌は取り方がいろいろあるので、コメントはしません。

淡路駅は阪急京都線と北千里線の分岐点になる駅です。
わたしには思い入れのある駅なので、ここを選んでみました。

おまけ:採用はされませんでしたが、こちらもどうぞ。

あの夏の天神駅改札口 君の生まれた街が見たくて

短歌の勉強もしようかと「NHK短歌」のテキストを買ってみました。
夫は「誰が読むの?」なんて不思議そうな顔をしていましたが・・・。

ブログランキングへ クリックしていただけるとうれしいです。゚+.(・∀・)゚+.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採用報告①

土曜の夜はケータイ短歌に短歌が採用されました。

7月「誰かこたえて~短歌でコミュニケーション~」に返歌が採用されてます。

 星輪 倉梨子 さんの短歌
   内容が他の歌人とかぶってて、しかも相手の方がうまくて

 はるはる の返歌
  「ああそうか」「あの言い回しは素敵だな」負けを認めて精進精進!

ケータイ短歌には「はるはる」の名前で出してます。
今回のはわたしの素直な気持ちでいつも感じていることです。
返歌の採用は初めてなのでうれしいです。

もう1首、7月7日のケータイ短歌から テーマ:おそれ
~笹公人さんがその他に選んだ短歌(番組で紹介できなかった分)~

  夜の闇おそれないで、と子供らに やさしく咲いた庭の月見草
  

うちの庭で月見草がきれいに咲いていたので。
娘たちは暗いのが怖くて、夜もスタンドをつけてないと眠れないのです・・。

今回、はじめて採用報告をしてみましたが、まだまだだなぁと思うと恥ずかしいです。
書こうか迷ったけど、これも日々の記録なので書いてみました(〃・pq・〃){照

ブログランキングへ  いつもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜の夜はケータイ短歌

土曜の夜はケータイ短歌」にハマっています。

NHKのラジオで土曜の夜9時に放送されています。
毎週毎週のお題にあった短歌を紹介していく番組です。
やさしい普段使いの言葉で詠まれた短歌が多いので、短歌初心者にもお勧めです。
ホームページでも聴けますので、覗いているのもお勧めです(★ゝω・)b⌒☆

「短歌初心者にも」なんてぬかしましたが、わたしも短歌初心者です。
が、この番組をきっかけに短歌をたしなむようになりました。
もともと百人一首の競技かるたをやっていたので(結構いい腕前です)
三十一文字になじんでいるし・・・新聞や雑誌の歌壇をチェックするのもすきでした。

まぁ「たしなむ」っていってもほんとにまだまだ駆け出しです。
あまり採用はされませんが、それでもときどき応募しています。

ケータイ短歌のなかですきな歌人は「てこな」さんです。
同年代の女性ということもありますが、自然体で共感できる短歌を詠まれます。
いつかこんな風に詠みたいなぁ、なんて思いながら聴いてます。
この方のブログを覗くのも、わたしのささやかな楽しみです。

てこなのホイップ短歌

みなさんもよかったらぜひ聴いてみてください。
そして「長野・はるはる」って採用されてたら「あいつか!」って思ってくださいな。

ブログランキングへ いつもありがとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)